News & blog

【金沢メンズマッサージ】デスクワークの方必見‼️肩こり腰痛対策になる姿勢👨‍💻

今日のカラダ知識📖
『デスクワーク👨‍💻肩こり・腰痛対策になる姿勢の注意点』

最近は新型コロナウイルスの流行により、
自宅でデスクワークする時間が増えた方も多いのではないでしょうか?
自宅のリビングの椅子の高さ、材質など環境で姿勢が変わったことで、
体の硬さ、おもだるさ、痛みを訴えるお客様が多くいらっしゃいます❗️

では、なぜ姿勢が変わると肩や腰の不調が生じてしまうのでしょうか?
良い姿勢とは、
耳たぶ〜肩〜坐骨までが一直線上にある状態をいいます。
良い姿勢は重力の負荷を軽減し、
筋肉が効率よく働くことに適しています。
猫背になったり浅く座ったりするなどの姿勢では、
重力を上手く軽減できずその分筋肉が緊張しすぎてしまうため、
肩や腰に不調をきたします😵🌀

 


【肩こり】
①前傾タイプ(頭部が前方へ出ている)
この状態が継続すると、頭を支える首周囲の筋肉が過剰に働き痛みが生じてしまいます。
・対処法
座面を高くする/お腹とテーブルとの距離を縮める


②なで肩タイプ(パソコンの位置が低すぎる)
首・肩周囲の筋肉(僧帽筋)が伸張され痛みが生じてしまう。
・対処法
クッションまたはタオルを丸めたものを腕の支えとし、
肩周囲の負荷を軽減させる。

 


【腰痛】
①仙骨座りタイプ(椅子に対して浅く座り、骨盤が後方に傾いている)
背中〜腰に付着している筋肉が伸びて腰痛が生じる
・対策
椅子と腰の間にクッションを入れる/深く座る


②反り腰タイプ(腰が反りすぎている)
いい姿勢を保とうとして、
腰の筋肉が緊張してしまい痛みが生じる。
・対策
足を台に乗せて高くする/椅子に深くかけ背もたれを利用する

 


このように姿勢は周囲の環境に大きく左右されます😵
もちろん環境のみならず、体幹などの動きや筋力も影響します。
皆さんも、クッションやタオル、台などを使って自分のベストポジションを探してみて下さい🪑💡